アラタキ社について

ニュージーランドにあるアラタキ社は、1944年に創業した南半球でも有数の家族経営の養蜂家で、
ハチミツ消費量世界一位のニュージーランドで支持されています。

アラタキという会社名は日本名のような名前ですが、1944年にアラタキ社の創業者でもあるPercy Berryがハブロックノース(Havelock North)のアラタキ通り(arataki road)に9エーカーの土地を購入し、彼の息子のIanと一緒にアラタキ養蜂会社を設立したことが由来です。
アラタキ(arataki)はマオリ語で「指導、指摘」するためのという意味があるようです。

環境意識の高い政策を実施しているニュージーランドでは、蜜源となる植物の遺伝子組換が禁止されています。
さらに、アラタキ社は、政府機関によるリスクマネージメントプログラムに合格しており、
検査商品、生産品、出荷品等すべての生産履歴を厳しく管理されています。
また、輸出の際の遵守に関しましては、3ヶ月毎に監査があり、
特に日本への輸出に際して「Certificate for Bee Products Exported to Japan」という認証を取得しています。
そして、グリホサート※についても、日本の残留基準値である0.01mg/kg(0.01ppm)未満であることが証明されています。
※グリホサートの検査結果は、コチラをクリック。

まさに「安心・安全」に、ニュージーランドの花の香りや味わいを楽しみことができます。

マヌカハニーを始め、クローバー、レワレワはちみつなど多くの蜂蜜を採取し、ニュージーランド国内だけでなく、欧州やアメリカ、アジアなどにも輸出しています。

ビーバランスは、ポップで可愛い容器とともに、魅力的で美味しいアラタキハニーを販売しています。

 


アラタキハニーは、コチラをクリック

また、他にもハチミツ関連商品を取り揃えています。⇒ショップページ

関連記事

PAGE TOP